ドッグランに日陰がないのでパーゴラを作って蔓性植物を植えよう!と思い立ったのがかれこれ3年前。

早速ウェスタンレッドシダー材で3M×3.6Mのパーゴラを作成したのはいいんですが、何を植えようか?と散々悩んだ末、最初に植えたのがぶどうの「藤稔」。

藤やキウィも考えましたが、花だけの藤や二本植えないとダメと聞いたキウィより、Djangoが好きな葡萄にしました。

沢山出来てれば人にあげればいいし、家内も葡萄大好きだし。

藤稔

藤稔(ふじみのり)は、神奈川県藤沢市で生成されたブドウである。 父種は「ピオーネ」、母種は「井川682」である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

近くのホームセンターで販売されている苗木を購入してパーゴラの足元に植えたのですが、ワクワク感が半端ない植えてわずか1ヶ月も経たないうちに引き抜かれてずたずたにかみ裂かれ、無残な姿で放置されていました。

ヒドイ・・

ビーグル犬 イチ♀

犯人はこのお嬢さん、ビーグル犬 イチ ♀

何が気にくわないのか手当たり次第に目の前の物をオモチャにしてまう厄介な性格で、藤稔だけでなく南高梅や山桜桃梅(ユスラウメ)、花柚子なども犠牲になってしまいました。

今はそういった破壊行動は無くなりましたが、当時は手当たり次第でした。

苗木をサークルで囲うなどの対策をすれば良かったのですが、Django自身がずぼらな性格なので苗木をやっつけられてから後悔するダメっぷりw

次に購入したのが「巨峰」で、これが2年前。

巨峰

巨峰(きょほう)とは、日本原産の生食用ブドウ品種の一つである。

大井上理農学研究所の大井上康が、石原早生♀(ヨーロッパブドウ ヴィニフェラ種 Vitis vinifera アメリカブドウ ラブルスカ種 Vitis labrusca)とセンテニアル♂(ヨーロッパブドウ ヴィニフェラ種 Vitis vinifera)を交配させ作出した品種である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これも近くのホームセンターで購入。

写真の様に見事な実がつくことを願って地植え、ワンちゃん達の破壊工作の被害を防ぐ為サークルで囲ったお陰で3カ月程で1.3m程に成長し喜んでいました。

喜んでいた矢先、追肥で肥料をやりすぎて見事に肥料やけで枯死。

早く大きくなって欲しいという気持ちが先走ってしまって、化学肥料を多く与えてしまいました・・。

「ぶどうの葉が生い茂るパーゴラの日陰でBBQをしたい」

「自分で育てたおいしい葡萄を食べたい」

という気持ちはあるものの2年連続で葡萄をダメにしてやや諦め気味に。

パーゴラには日よけのシェードを結んでワンちゃん達の日陰にはなっていましたが、なんとも虚しい。

よし、今年も植えよう!と昨年植えたのが「ピオーネ」

ピオーネ

ピオーネ(イタリア語:Pione)は、黒葡萄の一種。名前は、「開拓者」という意味のイタリア語に由来する。また、ピヨーネと呼ばれることもある。

1957年に、静岡県の井川秀雄が巨峰とカノンホールマスカットを交配し作出された4倍体品種である。巨峰よりも香りが強く、かつ日持ちのよい品種とされている[1]

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

破壊工作対策にサークルを設置、手をかけると枯らす恐れがあるので基本肥料はやらないで放置。

破壊工作ってww 戦争でもしているようです。

ところが「よし、これでぶどう棚ができる!」と喜んだのも束の間、わずか1カ月程でサークルがぶっ倒されて地上部分がすべて無くなっていて、噛み千切られた茎と葉っぱは10m程離れたところに無残な姿で転がっていました。

ビーグル犬 ニコ

犯人はこのお嬢さん ビーグル犬 「ニコ」 ♀

サークル倒すようなパワーで破壊工作するのはこのお方しかいません。

イチ(ビーグル犬 ♀)はそんなパワーがないし・・マロン(ブリタニースパニエル♀)はそもそも悪さをしないし、老犬2頭ははなから除外。

これで3年続けてブドウの苗木を駄目に・・泣ける。

今年は万全の体制で苗木を植える

なんと3年続けて苗木を駄目にしてしまうという間抜けなDjangoですが、今年こそはとリベンジに燃えて植えたのが「デラウェア」

デラウェア

デラウェアブドウの一種で、アメリカ原産の自然交雑種である。ジベレリン処理によって果実内部の種が除去され、種無しブドウとして出荷される。
 
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

破壊工作対策としてサークルで苗木を囲み、サークルをペグで地面に打ち込みました。

更に今年は破壊工作で苗木をやられてもいいようにバックアップとして「巨峰」「ピオーネ」の苗木も植えました。

それでもブドウがダメだった場合、藤棚にしようと藤の木も植えましたw

ここまでしたお陰でなんとか今年は今のところスクスクとブドウの苗木は育ってくれています。

ブドウ棚

手前がデラウェア、左奥が巨峰、右奥がピオーネ。

デラウェアと巨峰はセオリー通り棚の上に届くまでは「主枝」を伸ばし「脇枝」は切り落としました。

棚の上まで届いてからは芽の先を切り取った下枝を残して葉を残し、光合成が盛んになるようにしています。

右奥のピオーネの生育が悪くてまだ1m程しか育っていませんが、病気の様ではないのでそのまま様子を見ています。

破壊工作もなく思いのほか苗木が育ったのでぶどう棚を大きく拡張して、デラウェアは棚の左部分に、巨峰は右の部分んに誘引しています。

ぶどう棚の大きさが4.8M×3.6mの大きさになりましたが、このぶどう棚に一杯ブドウが出来たら食べきれるかな~なんて夢見てますw

今のところ病気にはなってなく、デラウェアにコガネムシによる葉っぱの食害がある程度です。

破壊工作もなさそうなので邪魔なサークルは撤去しました。

ワンちゃんも年を重ねて悪戯に興味がなくなってきた模様。

更にワンちゃんの小屋の前にぶどう棚を増設し、ピオーネの苗木を植えました。

こっちのぶどう棚も3M×3Mの大きさなので上手く行けば沢山収穫できるかも。

ブドウ棚

このぶどう棚にもピオーネが茂れば嬉しいですね~、ワンちゃんの小屋の日差し対策としてもいいですしw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください